今日は、倉掛教室の稽古日でした。
いつになれば涼しくなるのやら。
今日も暑い中での稽古となりました。

基本稽古ですが、前にも何度か基本はとても大切だよ!といった話をしたことがあります。
空手の世界に限らず、どの分野でも共通することと思います。

今日の稽古にて、基本稽古をしているときその様子を見て感じことは、
動きの真似をしているだけ、腕や脚を動かしているだけにしか見えませんでした。
目の前に相手がいることを想定して、しっかり打ち込む、蹴り込む、受けをする
これができていないと基本の稽古を何度やっても上達しません。

生徒には、何のための基本稽古であるかを伝え改めて取り組んでもらいました。
そこから、生徒の動きが変わりはじめました。
少しの意識でこうも変化します。
特に、高学年の生徒や初段クラスの生徒は、とても大切なことですので
しっかり頭に入れて稽古に励んでいきましょう。

倉掛空手教室2018-8-29①