今日は、他教室から1名振替稽古に来てくれました。
久しぶりに3名での稽古です。
それぞれ、初段と初段を目指す生徒たちですので、
そのレベルに合った内容でトレーニングと稽古を行いました。

前半のトレーニングで行った、
腕立て拍手、台上足上げ踏み、90秒間猫足立ち
「きつい~」と言いながら取り組んでいましたが、
まだ、きつい~と声が出るときは大丈夫な証拠!
まだまだいけると発破をかけながら最後までがんばってもらいました。
見る限りでは、もう少しセット数を増やしてもいいかなと感じましたが、
まずはこの形で慣らしていきながら調整していきましょう。

組手の稽古にて、その様子を見ていて生徒たちの動きに変化を感じました。
その変化とは、それぞれに指導したことが組手の中で実践できていたことです。
構え方、動き方、攻め方、守り方など しっかり整理してきたんだな、意識しているんだなという様子が顕著に感じられました。

指導を受けて聞くだけで終わるのではなく、
聞いてそれをイメージし実際に行動する(=練習する)ことにより、
今日のような結果に結びついていくものです。
まずは、行動を起こすこと。
空手のことに限らず、他のことにも通ずることですね。

倉掛空手教室2018-10-10